ランニング@ナビ

ランニング@ナビ トップ > ランニングで疲労感が取れる

ランニングで疲労感が取れる

ランニングで長く走っていると、脳からエンドルフィンというホルモンが分泌されます。このエンドルフィンは、麻薬のような働きをすることが知られており、疲労感などに対して、それを麻痺させる作用を持っています。このエンドルフィンの働きによるのが、いわゆるランナーズハイと呼ばれる状態です。

走り始める前は疲労感があったものの、走っているうちに疲労を感じなくなったり、筋肉痛や関節の痛みが走っているうちにだんだん軽くなる、といった経験がある人も多いのではないでしょうか。
これらもエンドルフィンの作用なのです。

気をつけておきたいのが、エンドルフィンによって疲労感が軽くなったり、痛みが消えたりするのは、実際に疲労や痛みが解消されたのではなく、感じなくなったというだけ、ということ。走っているうちに楽になったからといって、さらにがんばって走ってしまうと、走り終わってからいっそうひどい疲労感や痛みに襲われることになります。

ランニングで疲労感がとれる他の理由として、走ることで乳酸などの疲労物質が取り除かれるということも挙げられます。
激しいトレーニングやレースの後などは、筋肉に疲労がたまっています。
そんな時、軽くランニングをすることで血液の循環がよくなり、疲労物質を速やかに体外に排出することができます。
走った後にクールダウンで軽く流す、というのも疲労物質がたまるのを防ぐ効果があるためです。

また、ランニングはストレス解消にも効果的であるといわれています。
定期的に運動している人の方が心理的ストレスから身体を守るためのリカバリーがうまく働く、という実験結果もあり、日頃疲れが取れないといった人や、ストレスにさらされている人にとってはうれしい限りです。
走った後のケアとしてストレッチをした後、音楽を聴くなどしてリラックスすると、さらにストレス解消の効果も上がります。